トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

おく

Author:おく
◆このブログについて
当ブログは18禁の要素を多く含みます。その為18歳未満の方は閲覧しないようお願い致します。

◆自己紹介
初心者だけど重度のエロゲーマー。プレイ本数が増えてきたけどまだまだ新参者のつもり。当面の目標は積みゲを全て崩し終えること。
プレミアリーグ所属のフットボールクラブ:アーセナル(Arsenal)を応援しています。サポーター歴は9年ほど。

◆エロゲー批評空間
oku_bswa

◆Twitter
@oku_bswa

◆ゲームメーター
おく

◆メールフォーム
何かありましたらこちらまでお知らせ下さい。(注意、感想、削除依頼等、お気軽にお寄せ下さい。)

Twitter

最新記事

最新コメント

カテゴリ

応援バナー2

【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! ま~まれぇど新作第10弾『プライマルハーツ2』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
11: by た○ろー on 2012/12/15 at 22:53:39

加奈かわいい
貧しい乳を崇める勢力の妨害工作には決して屈してはならない(戒め)

12:た○ろーさんへ by おく on 2012/12/17 at 00:58:09

コメントありがとうございます。一応こちらでもお礼の方を。

ロリコンしかいない真紅派の数の暴力にも決して屈してはならない(戒め)

キャラクター人気投票について

PCが壊れてる間にこれはブログに書こうかなと思っていた話なので早速記事にしました。明日に控えた衆議院議員総選挙にも少し通じる部分があるのでそれまでにはなんとか間に合わせたいと思ってましたが無事に間に合って良かった…
急いで書いたのでこれまで以上に雑な書き方になってますがそれでも構わないという人は読んでやって下さい。
あと僕が今回言いたいことは全て後半部分に集約しています。むしろこれを言いたいが為に今回の記事を書いたといっても過言ではありません。



最近の作品では発売後に必ずと言っていいほど人気投票が行われ、Twitterでもしばしばキャラごとの優劣・順位が話の話題になる。(ラブラブル、カミカゼとか)
こういったエロゲの場合に限らずとも合理的(民主的)に物事の優劣を決めて選択する時、人は多数決の方式を採用する事が多い。

しかし多数決にはある矛盾点が存在し、それだけでは限界がある。今回はそれについて話をしようと思う。
※ここでは工作行為などの人為的に引き起こされた問題に対しては考えない。

2つほど例を示そう。
(ⅰ)A~Gの7名が多数決でX~Zの中から一番魅力的なキャラを決めるとする。
この時A~Gさんそれぞれの選択の優先順位は次のようであった。
①Aさん X>Y>Z
②Bさん X>Y>Z
③Cさん X>Z>Y
④Dさん X>Z>Y
⑤Eさん Z>Y>X
⑥Fさん Z>Y>X
⑦Gさん Y>Z>X


そして多数決の結果一番魅力的なキャラはX(4票)となった。
しかしここで一番魅力的でないキャラも多数決で決めるとこれも一位がX(3票)になる。このように「一番魅力的なキャラ=一番魅力的でないキャラ」という矛盾した結果が現れてしまう。

また一度きりの多数決の欠点を補うために「一位の得票数が過半数に満たない場合は上位二名の決選投票を行う」といった方式もある。この方式は実際の投票にもよく用いられている。しかしこの方式でもA~Gさんの選択の優先順位が以下の場合では矛盾が生じてしまう。
①Aさん X>Y>Z
②Bさん X>Y>Z
③Cさん X>Y>Z
④Dさん Y>Z>X
⑤Eさん Y>Z>X
⑥Fさん Y>Z>X
⑦Gさん Z>X>Y


一番魅力的なキャラはX(3票)とY(3票)の決選投票になりその結果X(4票)になる。ところが一番魅力的でないキャラもX(3票)とZ(3票)の決選投票になりその結果X(4票)になる。
このようにわざわざ決選投票まで行って過半数以上の票を得ているのにもかかわらず「一番魅力的なキャラ=一番魅力的でないキャラ」という結果が出てしまう。
いくら多数決の結果といってもこれは完全に矛盾していると言えないだろうか?


(ⅱ)ある人気投票の結果を見てみる。
一位 X 4300票
二位 Y 3900票
三位 Z 3500票

となり、X>Y>Zの順になった。

この時X~Zの3名を好ましい順に並べる順列は6通りある。それを踏まえて投票者の実際の内訳を調べてみると次のようになった。
①X>Y>Z 1200人
②X>Z>Y 3100人
③Y>X>Z 1300人
④Y>Z>X 2600人
⑤Z>X>Y 1300人
⑥Z>Y>X 2200人


ここでXとYをそれぞれ比較すると、XをYより好む人は5600人(①+②+⑤)、YをXより好む人は6100人(③+④+⑥)なのでXよりもYが好まれる、つまりY>Xであることが分かる。

次にXとZをそれぞれ比較すると、XをZより好む人は5600人(①+②+③)、ZをXより好む人は6100人(④+⑤+⑥)なのでXよりもZが好まれる、つまりZ>Xであることが分かる。

最後にYとXをそれぞれ比較すると、YをZより好む人は5100人(①+③+④)、ZをYより好む人は6600人(②+⑤+⑥)なのでYよりもZが好まれる、つまりZ>Yであることが分かる。

つまりX~Zをそれぞれ個別に比較した場合はZ>Y>Xの順になりZが一位になるが、実際の人気投票ではX>Y>Zの順でXが一位となり完全に真逆の結果となっている。
この場合どちらが本当の一位に相応しいのだろうか?


(ⅰ)(ⅱ)の2つの例から分かるように、多数決には矛盾点が存在し、必ずしも投票者の意を反映した結果が現れるわけではないのだ。この結果は実際の選挙でも起こり得るし非常に大事なことである。
もちろんこの問題を解決しようとした投票方式(順位表点方式など)も考案されているが、問題を完全に解決するまでには至っていない。詳しい話はまた長くなってしまいそうだし本題とは関係ないので割愛する。

これに関連して今回僕が最も言いたいことは、「いろとりどりのセカイ」人気投票(自分の大好きなキャラである)観波加奈が8位という結果は多数決が抱える矛盾点が顕著に現れてしまった例であり、決して投票者の総意が反映された結果ではないということだ。
僕はこの人気投票にリアルタイムで参加したわけではないので投票期間中の経緯とかは良く分からないのだが、初めてこの結果を見た時は思わず自分の目を疑った。なぜメインヒロインである加奈が真紅はまだしも男のサブキャラにも負けているのだろうか。加奈の人気に恐れを抱いた人による悪意に満ちた妨害工作の影(※1)を疑わずにはいられなかった。この結果を見た人は恐らく僕と同じ思いを抱いたことだろう。たちの悪い冗談であって欲しかった。

まずは以下の画像を見てもらいたい。
kana2
kana1
kana4
kana3
kana5

こんなにも魅力的な表情をするヒロインが8位、ましてや男のサブキャラにも負けるということが本当にあり得るのだろうか?少し冷静に考えてみればすぐ分かるだろう。こんなことは絶対にあり得ないし起こってはいけないと。
仮に工作行為を考えないとしたらこれはもう多数決が抱える矛盾点が理由に他ならない。(僕は加奈が大好きなので順位が低いのは単純に不人気だからという理由は頭にありません。)

投票結果から分かるように今回は真紅が三位に約七倍、二位にすら三倍以上もの大差をつけて一位を獲得している。このように大差がついた場合は一位はともかく下の順位は投票者の意が反映されにくい。正確な結果を出すためには表面上は真紅に投票した人が他のキャラをどの順で好き好んでいるのかも知る必要がある。
残念ながら投票者の内訳を知る術がないので断言することは出来ないが、恐らくは「真紅>加奈>その他」のように加奈を二位か三位に置いた人が多かったのではないか。上の画像からも分かるように、「いろとりどりのセカイ」をプレイした人の多くは加奈の魅力に虜にされたことだろう。

しかし真紅という絶対的なヒロインがいるため一位の座を射止めるまでには至らなかった。思うに今回の投票では加奈を一位に置いた票は370票と少ないが、実際の内訳で加奈を二位か三位に置いた人はかなり多かったのではないか。この票に現れない順位を考慮しなかったため、加奈が8位という悲劇が起こってしまったのだろう。結果発表のコメント時の加奈の気持ちを思うと涙を禁じ得ない。

FDである「いろとりどりのヒカリ」で再び人気投票が開催されるならば、是非とも今回のような悲劇が繰り返されないよう配慮して欲しい。真紅に票が集まるのは十分予想されるので、例えば好きなキャラを一位から三位まで順に選択させ、一位には3点、二位には2点、一位には1点を与え、総得点の順に結果を決める順位表点方式を採用してみてはどうだろうか。集計の労力は格段に上がるがこうすれば下の順位に対しても投票者の意が反映されやすくなるだろう。

(※1)ここで非常に興味深い発言を入手した。まずは下の画像を見て欲しい。
sink1
sink3
sink2

ご覧の通り真紅は自分の胸の小ささを気にしており、加奈に対してコンプレックスに似た感情を抱いている。真紅好きの人たちが胸の大きい加奈に対して嫉妬し、真紅の代わりに報復行為を行ったとしても何ら不思議ではないだろう。信じたくはないがもし今回の加奈が8位という結果が真紅派の人間によって人為的に引き起こされたものならば、これは真紅派と加奈派の全面戦争の引き金になりかねない。


全国の加奈ファンの皆さんは人気投票の結果が8位ということで相当肩身の狭い思いをしているのではないか。僕もTwitterで「加奈かわいい」などと発言したらよく「8位(笑)」と返されいつも悔しい思いをしている。(ただ自分はこれは好きな子に対してほど意地悪したくなる小学生などに見られる一種の照れ隠しなのだと解釈することにした。)
今回いくら自分が加奈が8位という結果は不当であると声高に叫んでも、この現状を打破するには再び人気投票を開催し、本当の加奈の順位を見せ付けるしかないだろう。FAVORITEには是非とも第二回キャラクター人気投票を開催して頂きたい。
そして投票者の意を出来るだけ考慮した方式で行われた時こそ、加奈が8位という汚名は返上され、正当な順位が世に見えるはずだ。
その時が早く訪れることを願ってやまない。



後半の主張は冗談半分、本気半分といったところです。かなり饒舌に自信満々に書いてますが、もし開催された第二回人気投票で加奈が最低でも5位以内に入れなかったら失踪するかもしれません。まあ大丈夫でしょう………多分
ちなみに僕のいろセカのヒロインの好きな順は
加奈>真紅>鏡>澪>つかさの順です。それでもヒロインはつかさを除いてみんな可愛いですね。

明日はいよいよ衆議院議員総選挙です。焦点は政権交代するかどうか、また維新を始めとする第三極と呼ばれる勢力がどこまで議席を獲得できるかでしょうか。
この結果次第でTPP・原発問題などに対する国全体の姿勢も変わり、日本という一つの国家が今後どうなっていくのかが決まる非常に重要な選挙です。選挙権を持っている人は忘れずに選挙に行きましょう。

ネガティブなことを言えば、今回は政党が12と乱立しているので票の流れが細分化し、自分の票が望んだ結果に反映されない可能性がこれまでよりも高いです。また近年は政治家に対する不信感が高まり、どこになっても結局は一緒だと諦めている人も中にはいるのではないでしょうか。

それでも票を投じないという行為は自分の住む国が今後どうなっても構わないという意思表示であり、自分で自分の首を絞めているのと同じことです。まずは票を投じなければ変わるものも変わりません。
明日は自分の理想を体現してくれそうな政党をしっかりと見極め、票を投じて日本の未来に対する自分の意思表示をしましょう。


最後にブログについて。
まだ長めの雑記しか書いていませんがこれからはちゃんと新作レビュー、体験版感想なども定期的に書いていく予定です。11月発売分の作品も書くつもりだったのですがその直前でPCが壊れてしまいました…
これから書いても良いのですが流石に鮮度切れですね。今月分から頑張ります。
短めの小ネタ的な雑記もこれから書くかもしれません。雑記一つに3~5時間ぐらい掛かってるのでこれが続くと近いうちに力尽きそうですしね。

雑記に関しては何個かタイトルと書き出しだけ決めて下書き保存してます。書けそうになったら一気に書く予定です。
来月は需要があったら自分が選ぶ2012年度作品10選なんかも書こうかなと思っています。商業・同人・抜きゲの3つの部門に分けて紹介しようかなと思っているのですがどうでしょう。ランキングにすると色々悩みそうなので紹介という形で。

後はバナーをいくつか追加してキャンペーンにも応募しました。ブログを始めた理由でもあるので一回ぐらいは当選したいものです。
後書きが随分長くなってしまいましたが今回はこの辺で。最後まで読んでくれた方はありがとうございます。
それではまた。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
11: by た○ろー on 2012/12/15 at 22:53:39

加奈かわいい
貧しい乳を崇める勢力の妨害工作には決して屈してはならない(戒め)

12:た○ろーさんへ by おく on 2012/12/17 at 00:58:09

コメントありがとうございます。一応こちらでもお礼の方を。

ロリコンしかいない真紅派の数の暴力にも決して屈してはならない(戒め)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。