トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

おく

Author:おく
◆このブログについて
当ブログは18禁の要素を多く含みます。その為18歳未満の方は閲覧しないようお願い致します。

◆自己紹介
初心者だけど重度のエロゲーマー。プレイ本数が増えてきたけどまだまだ新参者のつもり。当面の目標は積みゲを全て崩し終えること。
プレミアリーグ所属のフットボールクラブ:アーセナル(Arsenal)を応援しています。サポーター歴は9年ほど。

◆エロゲー批評空間
oku_bswa

◆Twitter
@oku_bswa

◆ゲームメーター
おく

◆メールフォーム
何かありましたらこちらまでお知らせ下さい。(注意、感想、削除依頼等、お気軽にお寄せ下さい。)

Twitter

最新記事

最新コメント

カテゴリ

応援バナー2

【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! ま~まれぇど新作第10弾『プライマルハーツ2』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

広がり続けるマジ恋ワールド

『真剣で私に恋しなさい! A-2』をプレイして少し考えたことでも。まあ例の如く纏まっていない話になりますが…。

アイエスは思ったより可愛かったけどやっぱりクッキー4攻略したかったとか紋様可愛いとか色々あるんだけど、一番思ったのは「広がり続ける」ということ。
本編はおろかSにも一切登場しなかったアイエスのヒロイン昇格や、ここに来て新たな謎や伏線を匂わせたりと、マジ恋ワールドの広がりは留まることを知らない。

ここで広がりを見せているのはタカヒロワールドと言い換えても良いだろう。氏がシナリオを担当した前作『君が主で執事が俺で』、または企画を担当した『辻堂さんの純愛ロード』も共通した世界観設定であるので、みなとソフト(みなとカーニバル)全体で氏の構築する世界を広げるよう動いていると言える。

もっともこれはブランド戦略の一つとしか推測のしようがないし、この共通した世界観が今後も継続される保証も無い。発表当時大きな話題を呼んだ田中ロミオ×松竜の『CROSS†CHANNEL』コンビによる完全新作の立ち位置も未だ不明である。
あとはタカヒロワールド全体に関してあれこれ言える程詳しくない(『きみある』未プレイ)ので、以降は話をマジ恋シリーズに限定して進めていく。


ご存知の通り、マジ恋ワールドは『真剣で私に恋しなさい!S』で大きな広がりを見せた。武士道プラン、九鬼財閥、天神館を始めとした本編を超える新規キャラクター、新規攻略ヒロインのルートでの新たな物語の広がりと、無印に比べてよりスケールの大きい作品へと進化を遂げた。その中で繰り広げられるお祭り騒ぎのような日常は文句無しに楽しかった。

…が、同時に自分はこの広がりにどこか違和感を感じてしまった。
マジ恋(タカヒロ作品)の魅力とは個性的なキャラクターが繰り広げるテンポの良い掛け合い、日常のやり取りである。その持ち味はSでも遺憾なく発揮されていた。
だが、それはキャラクター同士の密接な関係があって初めて発揮される物である。『まじ恋』なら風間ファミリー、『つよきす』なら対馬ファミリーと、話の軸になっていたのはいつだって強固な信頼関係にあったグループだった。Sでは急速な世界の広がりがこの部分に付いてきておらず、それが違和感の正体のように思う。

大和ファミリーと新キャラの間には愛着という点で絶対的な差がある。両者を並べても、本編を通して長い間親しんでき前者に比べて、後者はどんな性格なのか把握しきれていないからどうしても浮いてしまう。それを解消するには時間を掛けて描くしかなのだが、あまりにもキャラが増えすぎたために一人一人に割く時間が十分に取れなかった。九鬼財閥のキャラはまだしも梁山泊なんて殆どは顔見せ程度過ぎない登場頻度だろう。天神館との戦闘もキャラの魅力がいまいち伝わって来ないのでどうもぱっとしなかった印象が強い。

無印で京が風間ファミリーに関して排他的な主張を一貫していたように、マジ恋そのものは非常に狭い、限定的な世界で繰り広げられる物語である。そうした中だからこそキャラクター同士の繋がりが強調され、掛け合いもより一層魅力溢れる物だった。ならばその世界を拡張させる際には極めて慎重に行うのが道理であるが、Sではその配慮が少し足りなかったと思う。急激な世界の拡張にユーザーの認識が追いつけなかったのだ。

そうした中でまじ恋A(Append)の制作が発表され、既にA2まで発売されている。
ところでAの作品概要のページにはこんな説明がある。

プレイ感覚は、まじこい無印
日常や掛け合いに重きを置いた、無印に近いシナリオ感覚になります。
攻略キャラごとに、スポットが当たるコミュニティが違うので
どのキャラにもきちんと出番があると思います。


各キャラごとに見せ場を用意して、無印のような日常を重視した作風。これはSで拡張した世界をユーザーに定着させる位置付けとも言えるだろう。実際A2までの段階でスポットを当てられたキャラに関しては十分なボリュームで魅力を描かれ、違和感無く掛け合いも楽しめるようになっていると思う。梁山泊・天神館など今後メインになるキャラも現時点でもぱっとしない印象が強いが、プレイすればまた違った印象を抱くはずだ。

無印…風間ファミリーを中心とした、限定的な狭い世界での物語
S…その世界を拡張し、新たな広がりを見せる
A…Sで拡張した世界をユーザーにしっかりと定着させる


自分はマジ恋シリーズをこのように捉えている。
しかしA2においては更なる広がりを伺わせる描写があった。これに関して自分は「風呂敷広げすぎ」とか「ちゃんと伏線回収出来るのか」といった不安は殆ど抱いていないが、「広がり続けるマジ恋ワールドの終わりはどこにあるのか?」と少し考えてしまった。

現時点ではA5で終わりの予定だが、折角Sで広げた世界にユーザーが追いつけるようになったのにこれでおしまいというのは個人的には少し寂しいし、色々考えても自分の中でマジ恋シリーズの終わりがいまいち見えてこない。

物語とは原則としていつか終わりを迎えるものであるが、『サザエさん』のように終わりを意識させない物語も確かに存在する。自分のイメージだとマジ恋はそれに近いし、そう思わせるのって物凄い事だし一つの到達点とも言えるのではないだろうか。S・Aの世界基準で無印ヒロインを再攻略してみたいとも思ってる。

タカヒロ作品の世界観が全て共通している事もあり、氏は終わらない、その世界の中でキャラクターが生き続ける作品を生み出したいんじゃないのかなと思った。新作も見てみたいしアペンドの商法に思うところはあるけど、マジ恋で引っ張れる内は引っ張っても良いんじゃないかな。面白さのクオリティは保証されてるし。

結局の所これはタカヒロ本人にしか分からないし、今後マジ恋ワールド及びタカヒロワールドがどう展開していくのか要注目と再認識したところで今回はおしまい。やっぱり纏まらない雑記になったけどしょうがないね。『太陽の子』とは一体…
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。