トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

おく

Author:おく
◆このブログについて
当ブログは18禁の要素を多く含みます。その為18歳未満の方は閲覧しないようお願い致します。

◆自己紹介
初心者だけど重度のエロゲーマー。プレイ本数が増えてきたけどまだまだ新参者のつもり。当面の目標は積みゲを全て崩し終えること。
プレミアリーグ所属のフットボールクラブ:アーセナル(Arsenal)を応援しています。サポーター歴は9年ほど。

◆エロゲー批評空間
oku_bswa

◆Twitter
@oku_bswa

◆ゲームメーター
おく

◆メールフォーム
何かありましたらこちらまでお知らせ下さい。(注意、感想、削除依頼等、お気軽にお寄せ下さい。)

Twitter

最新記事

最新コメント

カテゴリ

応援バナー2

【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! ま~まれぇど新作第10弾『プライマルハーツ2』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ファーストキスについて(※注:エロゲの話です)

fk0
先日『ワルキューレロマンツェ ~少女騎士物語~』をプレイしました。

ネタバレ無しで軽く感想を言うと、題材に牽引力(目的)があるので先が気になってサクサク読めました。「ジョストの大会で優勝する」という目標が早い段階で提示されるので、それに向かって話がブレることなくテンポ良く進行していく。
主人公も好感の持てる良い男で、挫折を味わい引退した選手がコーチとして再びジョストに向き合っていく話は男心をくすぐります。

Hシーンでのヒロインの痴態にも注目。純愛系の作品で微アヘ、ひょっとこフェラってまず見る事がないので凄い興奮しました。シーン数も多く実用性も高いです。
『同棲ラブラブル』のレイプ目といい作品(ジャンル)のイメージとのギャップが個人的なツボです。純愛ゲーだけどHシーンでは思いもよらぬ姿を晒す作品って他にも何かないですかね。

一方で物足りなく感じた点もあります。ストーリーがご都合主義的な点と恋愛描写がちょっと弱い点、大きく分けるとこの二つ。前者は概ね許容出来るレベルでしたが美桜ルートだけは冷めてしまった。流石に上手く行き過ぎですね…。

本作のシナリオは勢い重視なので深く気にしたら負けな感じがします。男女別に分かれていない競技なのに男の騎士が殆ど登場しなかったり、首を傾げる戦術があったりと突っ込みどころは探せば結構あります。それらを深く気にせずご都合主義的なハッピーエンドもどこまで歓迎出来るかで評価が分かれると思います。

後者について。本作でメインになる騎士とべグライダーの関係って上手い設定だと思いました。この関係をそのまま恋人関係に置き換える事が出来るからです。
つまり、ストーリー展開(ヒロインと騎士とべグライダーの関係を結ぶ)=恋人関係の展開というように、本筋の物語と恋愛を同時に進行させる事が出来る。物語のクライマックスは恋愛関係のクライマックスにもなるのでより盛り上がる。

ただ、ストーリー展開と連動している分、恋愛描写だけが独立して存在している場面って少ないんですよね。意地悪な言い方をしてしまえば、彼らの恋愛はジョストありきの恋愛。騎士とべグライダーの関係に引っ張られる形で恋愛関係を構築していく。勿論それを悪いと言いたい訳ではなく、テーマを考えれば納得も出来る。
それでも支える騎士と恋人となる人物が違う、騎士とべグライダーの関係と恋人関係が区別化された話も個人的には見たかったかなと。

長くなってしまいましたが簡単な感想としてはこんな感じです。来月にFDが発売予定なのでそれも期待ですね。茜を早く攻略したい。


そしてようやくタイトルの話。本作にはファーストキス時の一枚絵が全ヒロインに用意されています。これって意外に少ない事だと思います。

参考画像:美桜 スィーリア ノエル リサ
※一枚絵のみの表示ですが未プレイ者に配慮してクリックしてお願いします

ヒロイン毎にそれぞれ異なる場所、時間、シチュエーションなのが分かるかと思います。こうして見比べてみると面白いし振り返っても良い場面だなって思います。

ちょっと考えてみたんですけどエロゲーにおける(ファースト)キスの重要度ってそこまで高くないような気がします。
性行為の最中にキスをしているのは探せばいくらでもありますがキス単体の場面の一枚絵を重視している作品ってあまり思い浮かびません。

基本的にキスの描写といえば立ち絵でさっと済ませてしまうか、或いは最近だと
fk5
こういう顔をアップした構図が多いと思います。これも個人的には好きなんですけど場面を思い浮かべるにはちょっと弱いし印象に残りにくいですよね。

勿論一枚絵を用意している作品もありますが、『ワルキューレロマンツェ』のように全ヒロイン用意されている作品はぱっと思い浮かばなかったし少し探してみても見つかりませんでした。
本作ってファーストキス以外でもキス描写が凄い力が入ってるんですよね。キス単体だけでも十分エロいです。あとはおしっこも凄かった……噂には聞いてたけど。
Hシーンでのヒロインの乱れっぷりといい印象に残る作品になりました。

エロゲーなんだからエロにまず力を入れるべきと考えるのは至極当然なことで、最近だとシチュエーションやシーン数、ピロートークなどに他には無い拘りを持ってそれを売りにしている作品もあります。
ただ純愛ゲー、萌えゲーとジャンル分けされる作品はそこに至るまでのステップ、例えば告白やファーストキスの場面にも何か工夫があって欲しいなと本作をプレイしてふと思いました。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。