トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

おく

Author:おく
◆このブログについて
当ブログは18禁の要素を多く含みます。その為18歳未満の方は閲覧しないようお願い致します。

◆自己紹介
初心者だけど重度のエロゲーマー。プレイ本数が増えてきたけどまだまだ新参者のつもり。当面の目標は積みゲを全て崩し終えること。
プレミアリーグ所属のフットボールクラブ:アーセナル(Arsenal)を応援しています。サポーター歴は9年ほど。

◆エロゲー批評空間
oku_bswa

◆Twitter
@oku_bswa

◆ゲームメーター
おく

◆メールフォーム
何かありましたらこちらまでお知らせ下さい。(注意、感想、削除依頼等、お気軽にお寄せ下さい。)

Twitter

最新記事

最新コメント

カテゴリ

応援バナー2

【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! ま~まれぇど新作第10弾『プライマルハーツ2』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
40:超空間 by カツ@荒野の渡り鳥 on 2013/01/29 at 11:55:41 (コメント編集)

ロマンですよね、超空間。
私もいずれどれか一本でもやってみたいものです。怖いもの見たさで。

1万おめっすー。

41:カツ@荒野の渡り鳥さんへ by おく on 2013/01/29 at 17:01:20

コメント&おめありですー!

一度超空間を経験すれば他のクソゲーと呼ばれる作品に対しても優しくなれるみたいです。

そこまでプレイヤーに強烈なインパクトを与えるものであるのか楽しみでもあり怖くもありますw

一万アクセス御礼&記念企画

右下にあるカウンターを見てもらえれば分かると思いますが一万アクセス突破しました。ありがとうございます。ブログを始めたのが去年の11月下旬なので大体二ヶ月ですか…途中でPCが壊れたりと波乱もありましたが今のところは良いペースで続けられているのではないかと思います。

ブログを開設した当初はここまで多くの人に見てもらえるとは思っていませんでした。普段Twitterで仲良くさせてもらっているフォロワーさんくらいしか見ないものだと思っていましたし。なんかこれ1000アクセス記念の時にも言いましたね。

ところがerogeNews様に記事が拾われたりもして毎日多くの人に訪れていただけたようです。多い時は一日1500アクセス近かったと記憶しています。よく分かりませんがこれって個人のブログとしては結構凄いことなんじゃないかと思います。

もちろんアクセス数が全てと言うつもりはありませんが、やはり自分が書いた文章を多くの人に見てもらえたり拍手やコメントまで頂けると嬉しいですしモチベーションにもなります。この場で改めて御礼申し上げます。

そこまで多くの人に見てもらうに値する内容を書いたとは到底思っていませんし、今後記事を書く上でこれが少しプレッシャーにもなっていますがこれからも自分なりに楽しく続けていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。



それでは話を変えて記念企画についての説明を。

今回最初の大台となる一万アクセスということで記念に何かやりたいなと考えてました。恐らくこのブログを見ている人は十中八九エロゲーマーだと思います。なので最初は、コメントで皆さんから好きな作品を募集してその中から自分がランダムで一本選んでそれを購入して感想を書く、みたいなことをやろうと思ってました。

でも冷静に考えるとこれってコメントを貰えなかったら物凄い悲惨ですし、それこそ某INFERNOのように今すぐ記事を全削除しかねない事態に陥ってしまいます。それだけは何としても避けなければなりません。

そこで今回は前もって自分が記念に感想を書く作品を購入しておきました。
気になるタイトルは…









































yakiniku
Tabletの『やきにくくりぷうぴ』です!

知る人ぞ知る超空間ゲーというやつですね。
「超空間ってなに?」という人はこちらを見てもらえればその凄さの片鱗を窺い知ることができます。よく分かりませんがエロゲ界の奇跡みたいです。

僕は超空間ゲーだけは絶対にやるまいと決意していたのですが今回折角の記念なのでプレイすることにしました。数人の既プレイ者に話を聞いてみたら口を揃えて絶対に止めておいたほうが良いと言われたあたりどうやら本当にやばそうです。

参考までに今回プレイする『やきにくくりぷうぴ』の批評空間のページを。
データ数13ながらも中央値7、平均値9…。こんな評価を受ける作品は今までプレイしたことがありません。これは酷い…。言葉に詰まります。
フォロワーさん二人がレビューも投稿しておりますがどちらも点数は5点…。
なんだか逆にプレイするのが楽しみになってきました。

最後にパッケージ裏に書いてあったあらすじを紹介して終わりたいと思います。



◆あらすじ
中途半端なベッドタウン。老舗焼肉店「くりぷうぴ」は、存続の危機に立っていた。不景気・大型チェーン店の進出…
心労から倒れた父親に代わって店を継いだ主人公。売り上げを伸ばすための手段として、新しい制服を制作。男性従業員を全員解雇という、短絡的な手段に打ってでることに。

多少の効果はあったものの、抜本的な解決にはならず、莫大な制服制作費が負担になり、店の資金繰りがショート。給料を現物支給という荒業を使おうとしたが、当然ながらキレる従業員達。ボコボコにされる主人公。皆が去ったあとに残ったのは……なんと、現物支給でも構わないという4人の女の子だった。

これで何とかやっていけると安心したのもつかの間、新たな危機が。そう、解雇された男性従業員達が復讐のため、近所に新たな焼肉店「牛牛苑」をオープンしたのだった。超低価格カルビを武器に、次々と客を奪っていく「牛牛苑」。制服と女の子しか武器のない主人公は、客を取り戻し、昔の栄光を取り戻せるのだろうか?そして、残った女の子達の本意とは…



念の為に言っておきます。これは一切手を加えておりません。
ここまで色々突っ込みたくなるあらすじは見たことがありません。しかも最後に無駄に謎を匂わせているのが腹立ちますね。普通に先が気になるし。

一見支離滅裂なあらすじのように思えますが少し考えてみます。もしかするとこれは当時の飲食店経営、並びに労働基準法に対するアンチテーゼのような社会批判的一面を持った作品なのではないでしょうか?もしそうならば本作『やきにくくりぷうぴ』は極めて革新的な作品であると言えます。社会批判ノベルと銘打って一部界隈で話題になったフリーゲーム『悪の教科書』もこの大胆さには遠く及びません。
これは今からプレイするのが非常に楽しみです。

まあ冗談はここまでにして本作をプレイして、そうですね……感想記事を一週間以内には投稿しようと思います。1~2時間程度で終わるボリュームのようなので気が変わらないうちにさっさとやろうかな。可能な限り詳細にレビューしてこの作品の凄さを伝えたいと思うので楽しみにしていて下さい。

今回はこれでおしまい。それではまた。
繰り返しになりますが、これからも本ブログをよろしくお願いします。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
40:超空間 by カツ@荒野の渡り鳥 on 2013/01/29 at 11:55:41 (コメント編集)

ロマンですよね、超空間。
私もいずれどれか一本でもやってみたいものです。怖いもの見たさで。

1万おめっすー。

41:カツ@荒野の渡り鳥さんへ by おく on 2013/01/29 at 17:01:20

コメント&おめありですー!

一度超空間を経験すれば他のクソゲーと呼ばれる作品に対しても優しくなれるみたいです。

そこまでプレイヤーに強烈なインパクトを与えるものであるのか楽しみでもあり怖くもありますw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。