トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

おく

Author:おく
◆このブログについて
当ブログは18禁の要素を多く含みます。その為18歳未満の方は閲覧しないようお願い致します。

◆自己紹介
初心者だけど重度のエロゲーマー。プレイ本数が増えてきたけどまだまだ新参者のつもり。当面の目標は積みゲを全て崩し終えること。
プレミアリーグ所属のフットボールクラブ:アーセナル(Arsenal)を応援しています。サポーター歴は9年ほど。

◆エロゲー批評空間
oku_bswa

◆Twitter
@oku_bswa

◆ゲームメーター
おく

◆メールフォーム
何かありましたらこちらまでお知らせ下さい。(注意、感想、削除依頼等、お気軽にお寄せ下さい。)

Twitter

最新記事

最新コメント

カテゴリ

応援バナー2

【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! ま~まれぇど新作第10弾『プライマルハーツ2』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

コンゲツハツバイノラブパピタノシミ

今月発売のらぶぱぴ楽しみ!体験版もめちゃくちゃ面白かった!予約もしたぞ!

………

……




( ゚д゚)


…今月発売のらぶぱぴ楽しみ!!Hシーン体験版も凄いエロかった!有希最高!

………

……




。・゚・(ノД`)・゚・。


………

……





はぴはぴぱぴー うぉーううぉーうぉー!

はぴはぴぱぴー うぉーううぉー!

はぴはぴぱぴー うぉーううぉーうぉー!
(やけくそ)

来月発売のらぶぱぴ楽しみ!!!(三度目の正直or仏の顔も三度まで?)



そんな訳で僕が今月一番期待していたと言っても過言ではない、『らぶぱぴ』こと『LOVESICK PUPPIES -僕らは恋するために生まれてきた-』が延期しました。
同じく購入を予定している『ハピメア』が昨日遂にマスターアップしたので、是非ともこれに続いて欲しいと思っていましたが…。ぐぬぬ。

まあしょうがない(簡単に許しちゃいけないんでしょうが)ので頭を切り替えて来月の発売を楽しみにしてます。これに伴い今月一枠空きが出たので何か買おうかな。候補は『木洩れ陽のノスタルジーカ』『ラヴレッシブ』あたり。

それにしても前回はクリスマスムービー、今回はバレンタインムービーの直後に延期の告知ということで、らぶぱぴが記念ムービーを上げた後には何かユーザーにとってよろしくない報告が控えているという可能性がありますね。
来月マスターアップ報告がないのにホワイトデー記念ムービーなんてものが上げられたらそれはちょっと注意したほうが良いかもしれません。

ここからは少し真面目な話。

エロゲ業界ほど延期がまかり通る業界は珍しいと思うし、その根源には製作者側のスケジュールの管理不足はもちろん、我々ユーザーの延期を簡単に許してしまう態度にも多少なりとも原因があるのでしょうが、最近は延期する割合が特に顕著のように思えます。この業界にとって延期とは根が深い問題であり、一朝一夕で解決できるものではないことは重々承知しています。それでもこの流れを変えるためにどこかで動く必要があるのではないでしょうか。

先日『運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ』の延期謝罪画像が話題になりましたが、これにしたって普通だったらもっと非難されるべき問題でしょう。正直本当に謝罪する気持ちがあるのならキャラクターではなく製作者の頭を丸めろと言いたい。時事ネタに乗っかりたい気持ちも分からなくはありませんが…少なくともこの画像は"ユーザーや関係者に対する誠意"を欠いている。

こういうのを見ているとアリスソフトが『パステルチャイム3 バインドシーカー』の発売日を一週間前倒ししたことの凄さがより一層際立ちます。取引企業への不正アクセスの煽りを受けた形での対応ではありましたが、任命責任こそあれ直接的な責任はないのに、それプラス更なる特典も付けるなんてサービスは普通できない。
いくらアリスといっても企業体力的にはかなり厳しいでしょうし、決して安易にできる行動ではなかったでしょう。それを一晩で決断して実際に実行したのには本当に頭が下がります。発売後にも更なるコンテンツの配布だなんてもう驚愕の一言。

アリスソフトが今でも数あるエロゲブランドの中でトップとして在り続けているのは、今回の一連の対応からも見えるように"ユーザーに対しての誠意"を欠かさない所にあるのではないでしょうか。ここは"正規"ユーザーと言ったほうが良いかな。
今話題にしてきた延期問題とは少し話が逸れましたが、ここまでとはいかなくても良いのでアリスソフトの誠意は他ブランドにも見習って欲しいところであります。
(個人的には今回の対応は誠意と呼べる以上の真摯さを感じました。被害者なのはアリスの方なのにここまでして頂いて逆に申し訳ないというか…。御礼とお詫びとしての対応を超えています。僕も微力ですが応援の意味も込めて購入しました。)

延期に限らずライターやイラストレーターに対する未払い問題など、エロゲ業界には長く「手付かずのまま」にされ続けてきた問題が幾つか存在します。この業界が今後も存続していくためにも、これらの問題を放置してきたことに対する手痛いツケを払わざるを得ない事態に直面する前に、何らかの対応がされて欲しいと一人のユーザーとしては願うばかりです。(業界にとっての死活問題としては違法ダウンロードなんかもありますね。あれは本当にどうにかならないんでしょうか…。)


こんな感じで今回はらぶぱぴ延期からエロゲ業界全体に蔓延る問題にまで話を飛ばしてみました。延期問題は非常にデリケートなものであるので、個人によって受け取り方はそれぞれ違ってくるでしょう。僕だって製品としての質が上がるなら延期もやむなしという気持ちがないわけではありません。それでも決められた期間で、より良い物を制作して世に出すというのが企業としてのあるべき姿だと思います。
度重なる延期に対するユーザー側の意思表示として不買運動なんてものも思い浮かびましたがちょっと現実的ではないですね。やっぱり欲しいものは欲しい。

個人的な印象ですがエロゲ業界(ここでは人気ブランド)では、消費者が製作者側により従属している関係であるように思います。例えば携帯会社だったら機種変という明確な意思表示が可能ですがエロゲの場合はそうもいかない。Aというブランドが何度も延期しているからといって、Aを見限って延期をしないBの作品を新たに買い始める……なんて人は恐らくそう多くはいないでしょう。Aの作品を欲しい人は延期に耐えてただ一心に発売を待つしかないのです。延期をしてもある程度売れるだろうという安心感が更なる延期を助長しているのかもしれません。散々延期をしてそれがつまらないものだったらまだしも、面白かったら切らずに今後も付いて行きたくなります。この従属的な関係を変えるのは本当に難しそうです。

ともあれ今はらぶぱぴが無事に来月発売されることを祈るばかりです。
はぴはぴぱぴー うぉーううぉーうぉー!
つい先程まで色々言ってきた僕自身が(自覚はしていますが)ダブルスタンダードに陥っているところにこの問題の難しさを感じます。だってらぶぱぴ欲しいもん…。



話は変わりますがinreの『ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1-』とHARUKAZEの『らぶおぶ恋愛皇帝 of LOVE!』の発売日が5月31日に決定しました!
5月凄いですね…『レミニセンス』もあるし。まあでもこの3作は絶対買います。
inreはれいんどっぐの、HARUKAZEはnon colorの商業ブランドということで、やはり同人時代の作品を知っている身としては応援に熱が入ります。
他にも4月26日に発売予定の『運命予報をお知らせします』のヨナキウグイスは宴の商業ブランドですね。こちらも期待大。

ChuSinGuraは遂に完結編ということでどう纏めてくるのか見逃せませんし今年一番期待している作品でもあります。商業化に伴い豪快声優陣によるフルボイス化など更なるクオリティアップも図られ話題性も十分。体験版が一章にあたる仮名手本忠臣蔵編全部ということで、そこでどう進化しているのか早く体感したいです。
インレ『ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1-』

らぶおぶははと氏初の長編テキストということで今から高まります。はと氏のテキストセンスは抜群ですよ…言葉遊びが巧みで疾走感があり、そこから次々と笑いを生み出します。気になる人は是非『わーすと☆コンタクト』をプレイして下さい。多分今まで触れたことのないタイプの作品なんじゃないかな。パロネタを一切使わずに笑いを生み出す所に力量を感じます。あとは公式サイトが凄い凝ってますね。「諸君!全力で恋をするゾ☆」←癖になる
『らぶおぶ恋愛皇帝 of LOVE!』 芒乃数

運命予報はまず商業化しても会話は吹き出し形式のままなのかが気になります。宴時代から起承転結がしっかりしており隙のない作品という印象だったのでクオリティに関しては特に心配していません。『Minstrel』なんかはまさに欠点らしい欠点がない良作でした。今作はコンセプトが凄い自分好みなので早く体験版をやりたいですね。質の高い恋愛物語であることを期待しています。
ヨナキウグイス第一弾!『運命予報をお知らせします』


今は同人→商業の作品ということで軽くですが紹介させて頂きました。折角なので応援バナーもぺたり。詳しくは体験版が公開されたらその都度また取り上げていきたいと思います。同人時代の作品から好きなのでやはり商業で埋もれて欲しくないという思いが強く、そのためどうしても贔屓目になってしまいますね。

でも商業化して激的に作風が変わっていたらそれはちょっと反応に困りますね…。そうなっていないことを祈るばかりです。多分大丈夫でしょうが。
あと僕はまだ日が浅いのでそうでもありませんが同人時代の初期の頃から応援していたユーザーさんは商業化に対して複雑な思いを抱いたりしているんでしょうか。

こう今までと違って距離が離れていくというか…あまり良い例えでは無いかもしれませんが僕も有名作よりはマイナーな作品を好む傾向があるので何となく想像出来ます。それでも僕としては自分の好きなサークルが有名になっていくのは寂しさよりも嬉しさのほうが強いですね。(そんな単純な問題でもないか。)

何かこのままいくと際限なく語っていきそうなのでこの辺で切り上げます。最初はらぶぱぴ延期の話で止めようと思ったのに随分長くなっちゃったな…。
要するに、
来月発売のらぶぱぴ楽しみ!
ChuSinGura、らぶおぶ、運命予報の更なる情報公開、体験版楽しみ!

ということです。

そんな感じで今回はこれでおしまい。それではまた。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。