トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

おく

Author:おく
◆このブログについて
当ブログは18禁の要素を多く含みます。その為18歳未満の方は閲覧しないようお願い致します。

◆自己紹介
初心者だけど重度のエロゲーマー。プレイ本数が増えてきたけどまだまだ新参者のつもり。当面の目標は積みゲを全て崩し終えること。
プレミアリーグ所属のフットボールクラブ:アーセナル(Arsenal)を応援しています。サポーター歴は9年ほど。

◆エロゲー批評空間
oku_bswa

◆Twitter
@oku_bswa

◆ゲームメーター
おく

◆メールフォーム
何かありましたらこちらまでお知らせ下さい。(注意、感想、削除依頼等、お気軽にお寄せ下さい。)

Twitter

最新記事

最新コメント

カテゴリ

応援バナー2

【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! ま~まれぇど新作第10弾『プライマルハーツ2』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

CL12-13 1stLeg アーセナル対バイエルン・ミュンヘン

Arsenal 1-3 Bayern Munich
UEFA CHAMPIONS LEAGUE 20/2/2013 4:45
EMIRATES STADIUM, ENGLAND

・スターティングメンバー
ArsenalvsBayernMunich1
※途中で気付きましたがウィルシャーとアルテタの位置は逆です

Arsenal
1 Wojciech Szczesny      
3 Bacary Sagna
4 Per Mertesacker
5 Thomas Vermaelen
10 Jack Wilshere
6 Laurent Koscielny
8 Mikel Arteta
16 Aaron Ramsey
19 Santi Cazorla
9 Lukas Podolski
14 Theo Walcott

Bayern Munich
1 Manuel Neuer
5 Daniel van Buyten
21 Philipp Lahm
27 David Alaba
31 Bastian Schweinsteiger
4 Dante
8 Javi Martínez
25 Thomas Müller
39 Toni Kroos
7 Franck Ribéry
9 Mario Mandzukic

・得点
7:Toni Kroos
21:Thomas Müller
55:Lukas Podolski
77:Mario Mandzukic

・交代
63:Franck Ribéry→Arjen Robben
71:Aaron Ramsey→Tomas Rosicky
Lukas Podolski→Olivier Giroud
73:Toni Kroos→Luis Gustavo Dias
78:Mario Mandzukic→Mario Gomez

・関連
MATCH STATSなどの詳細な試合情報
Arsenal v Bayern Munich live football scores(ESPNFC.com)
Arsenal vs Bayern Munich: Live player ratings and detailed match statistics(WhoScored)
ハイライト動画→【動画】アーセナル×バイエルン・ミュンヘン[CL]

◆初めに
今回がこのブログ初のサッカー関連の記事になります。このブログにサッカー要素を期待している人は恐らくほとんどいないと思いますが、シーズン終わってから見返して自分が振り返れれば良いかなと思ってるので細々とやっていきます。
基本的にガナーズ(Arsenal)が勝った試合しか書きません。今回も本当は振り返りたくないけどこれ以上先延ばしにするのも良くないと思ったので。後はアーセナルに限らずともビッグマッチはちょいちょい書いていきたいですね。

書き方はまだ模索中です。戦術分析なんて高度な見方はそこまで出来ないし基本は試合内容の感想を軽く書いて終わりになりそう。前半部分にスタメンや得点、交代などを書いて後半に自分の感想を書く感じ。
上のスタメン図はfootballtacticsというソフトを使って描きました。色んなサッカーブログで使ってる人を見るので折角なので自分も。これは色々使い方があるのでそれも適度に使って書いていこうかなと思います。(まずは使い方を覚える。)
図で表せるしスタメンはいちいち文字で書く必要ないかな…今回は書いたけれど。まあこれもそのうちどうするか決めます。

◆試合を見て
多くのフォロワーさんも言っていたように力の差を痛感した一戦でした。特にディフェンス面。チャンスらしいチャンスと言えば後半のジルーのシュートぐらいでしょうか。得点もかなりラッキーでしたし。
それにしても3失点はかなり厳しい。アリアンツ・アレーナでの2nd Legは本当に立ち上がりから激しく行かないと勝機はないですね。
バイヤンの守備はリーグ戦で22試合7失点という数字が示すように本当に堅かった。これはうちも見習いたいけど一朝一夕でどうにかなるものじゃないからな…。
立ち上がり5分の入り方は悪くなかったと思います。そこで案外いけると思ったところであっさり失点してしまうのがアーセナルらしかったですけど。

・バイエルンの守備~中盤の制圧~
myboard2
前半は本当に中盤でボールを持てなかった。バイヤンの潰しがかなり早く、すぐに囲い込まれてボールを奪われてしまう。クロース、シュバイニー、ハビ・マルティネスのセンターライン3人の動きがかなり効果的で、外から攻めるしか選択肢がありませんでした。白いサークルのエリアを完全に制圧されていたんですよね。
外にボールを運んだところでまた人数を掛けられ追い込まれて奪われてしまう。開始早々失点してからはこの悪循環が続き見ていてかなりイライラしました。
あとはこれは驚きに近かったのですが戻り、つまり攻撃と守備の切り替えが凄い早かったですね。アーセナルの持ち味である奪ってからのショートカウンターが殆ど成立せず、シュートまで持ち込めなかった。この辺りはリーグの違いというか相手のレベルの高さを痛感しました。

・バイエルンの攻撃~効果的なサイドチェンジからの右サイドでの数的有利~
中盤を制圧したバイヤンはかなり効果的にボールを回します。とにかくサイドチェンジを多用し、ストロングポイントである右サイドから崩しにかかります。ここはアーセナルの弱い部分でもあったので相手の好きなようにやられました。一点目も右サイドからの折り返しでやられましたしね。(あれは打たれる手前でクリアして欲しかったですけど。)また三点目もラームの絶妙なクロスからの失点です。
arsenal-3
後は単純に連携から崩されたりと、とにかく左サイドから攻めこまれました。
ヴェルメーレンは本職が左SBではないので厳しい部分もあったでしょうが…。

・アーセナルの反撃
後半に入ってアーセナルは中盤でボールを持てるようになります。そこからボールポゼッションが増え、こちらの時間帯になりました。中盤でボールを持てるようになった理由としては相手の運動量が落ちたのもありますが、効果的なポジションチェンジにあります。
myboard4
後半はメンバー入れ替えなかったものの、ウォルコットを右、ポドルスキを中央、ラムジーを真ん中、カソルラを左と前線のポジションを全て入れ替えました。
ラムジーはサイドより中央で活きる選手ですし、またスピードで勝負できるウォルコット、個人技があるカソルラがサイドにいることで、個人で打開することも可能になりました。あとはウィルシャーが前半よりも高い位置でボールを保持して裁けるようになったので、中央からサイドに展開できるようになりました。
前半開始から何故これが出来ないんだ…。いつものことですけど。

・幸運な得点・最大の決定機、ところが…
良い流れになってきたところでアーセナルがラッキーな形で一点を返します。これは主審のミスジャッジとノイアーの判断ミスに助けられましたね。
交代もあり、こちらが優位に進めている中でこの試合最大の決定機が訪れます。
myboard5
※訂正:リベリ→ミュラーの間違いですね。初めてなので許して下さい…。
ロシツキの視野の広い絶妙なロングフィード、ウォルコットの裏への走りと早いクロス、ジルーの入り込みとディフェンスの外し…と全てが完璧な場面でした。ここで決められなかったのが全てですね。
追い付こうとする中で3点目を決められました。これも防げたと思うけどなぁ…。
でもラームはやはり良い選手ですね。後半終了間際でのサイドを駆け上がる運動量、クロスの質の高さと一連のプレーに非の打ち所がありませんでした。

◆まとめ
前半の試合の入り方、決めきれなかった決定機などたられば話はできますが、やはり力の差を感じました。このままだと2nd Legで更にやられてしまう。去年のミラン戦よりも厳しいと思います。それでもまだ望みはあるし諦めません。
その為にまずはリーグ戦ですね。来月初めにノースロンドンダービーも控えているのでそこで勝って勢いを付けたいし、トップ4に入るためにはスパーズは直接対決で叩かなければならない相手でしょう。

こんな感じで試合の感想もブログでやっていきたいと思います。
折角なのでもっと深い見方ができるように本を読んで研究したいですね。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。