トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

おく

Author:おく
◆このブログについて
当ブログは18禁の要素を多く含みます。その為18歳未満の方は閲覧しないようお願い致します。

◆自己紹介
初心者だけど重度のエロゲーマー。プレイ本数が増えてきたけどまだまだ新参者のつもり。当面の目標は積みゲを全て崩し終えること。
プレミアリーグ所属のフットボールクラブ:アーセナル(Arsenal)を応援しています。サポーター歴は9年ほど。

◆エロゲー批評空間
oku_bswa

◆Twitter
@oku_bswa

◆ゲームメーター
おく

◆メールフォーム
何かありましたらこちらまでお知らせ下さい。(注意、感想、削除依頼等、お気軽にお寄せ下さい。)

Twitter

最新記事

最新コメント

カテゴリ

応援バナー2

【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! ま~まれぇど新作第10弾『プライマルハーツ2』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「プリズム◇リコレクション!」雑感

pricolle
前作『カミカゼ☆エクスプローラー!』に続いたおっぱいゲー。
色々ありますが何と言ってもこのか可愛い!
※ネタバレ有り、結構好きなよう(酷評気味)に書いてるので詳しくは続きから。
エロゲー批評空間でかなり酷評されている本作。あのサイトの使い方は人それぞれだし、僕は中央値よりもレビューで見られるその人独自の視点を重視している。また実際に点数を参考にするといっても、よく名前を見かける人だったりお気に入りユーザーしか見ないので、一般的にまず参考にされているであろう中央値の価値はかなり低い。要は僕にとっては名前や好きなジャンルも知らない人の点数の集合体よりも、趣向や評価基準を知っている一人の点数のほうが余程参考になる。

本作のレビューにざっと目を通してみたら多くの人が「シナリオが~」と、シナリオに関してかなり不満を述べている。これを見て僕は思わず笑ってしまった。多分言い方の問題なんだろうけど、クロシェットのような最近主流のキャラ萌えゲーの代表格と言っていいブランドの作品にシナリオの良さ、つまり物語展開の面白さを期待するのはお門違いではないだろうか。
個人的にはこういうキャラ萌えゲーはシナリオは二の次であって、ヒロインの可愛さの描き方、テキスト・物語展開がキャラクターの良さを殺してはいないかという点を最重視するので、こうもシナリオ面ばかりレビューで語られているのは何だか皮肉というか面白かった。

ただ、先に述べたようにこれは言い方の問題であって、僕が本作に感じた不満点と「シナリオが悪い」と述べた大多数のユーザーが感じた不満点はそこまでズレていないと思う。個人的な考えとしてはレビューを書くからには、「シナリオが悪い」という曖昧な枠に収めるのではなく、もっと具体的に書くべきだと思うのだがこれはまあ個人の使い方だし気にしてもしょうがないか。


ここからが雑感。
僕が本作『プリズム◇リコレクション!』(以下プリコレ)でまず感じたのはプレイしていて結構疲れるということだった。今回はこの「疲れ」が生じた原因について少し考えてみた。

物語の基本構造としては最近のクロシェット人気の火付け役となった前作『カミカゼ☆エクスプローラー!』(以下カミカゼ)とほぼ同じものになっている。
☆☆☆部という一つのコミュニティを形成して、図南市の中心にある開発局の陰謀に各ヒロインの問題を絡ませながら迫る。カミカゼでは☆☆☆部がアルゴノート、迫る内容がメティスと呼ばれる超能力になっていた。
この二作に見られるクロシェットの他のキャラ萌えゲーと違う特筆すべき点は、中心となるコミュニティの違和感ない形成と、シナリオの核となる要素は個別ルートで思いのほか深く掘り下げられているということだろう。迫る内容がどのルートでも同じなので、全貌が早い段階で明らかになってしまうという欠点もあるが。

カミカゼではヒロインの好き嫌いはあったものの、全体を通してストレスを感じることなくプレイできたのだが、プリコレではそうはいかなかった。物語の基本構造は殆ど同じ、またヒロインそのものの可愛さはカミカゼと比較しても遜色ないものであったのにも関わらず。

この原因としては物語展開とそれに伴うテキスト量のバランスが悪かったからだと思う。カミカゼと違ってプリコレでは攻略可能なヒロイン数が5人から4人へと減ったことにより、必然的に各個別ルートの文量は増えた。
元々カミカゼにしたって物語の展開そのものの面白さはそこまでではなかったように思う。それでもこのバランスはかなり取れていたのではないだろうか。個別ルートはあくまでヒロインの可愛さ・濃厚なHシーンを最重視し、真相に迫るシリアスな展開(バトル要素)は終盤のみに留めコンパクトにまとめていた。

ところがプリコレは個別ルートの文量が増えたことで、シリアスな展開にもより文量が割かれていた。展開としての面白さはそこまでではないのに、文量だけが増えていたらそれは無駄な引き延ばしとなって冗長さを感じさせる要因となるだろう。
この点がヒロインの可愛さを殺し、プレイしていて疲れが生じた原因だと思う。
本作は展開としてはこれまでと同様に安易なものであるのに、テキストだけが増えたので退屈さ・冗長さを感じやすくなっているのではないだろうか。

そのためカミカゼのように本作もあくまでシリアスな展開は二の次にしてコンパクトにまとめ、ヒロインの可愛さ・Hシーンをもっと全面に押し出すべきだったのではないか。この物語の展開とテキスト量のバランスの悪さが「シナリオが悪い」と一言に収束されて酷評されている大きな理由だと思う。
何と言うか今作はシナリオの中身の良し悪しというよりも展開の魅せ方をちょっと失敗してしまったかなぁという感じ。
いっそ最近のAXLのようにサブキャラクターも攻略可能にして、そこでメインヒロインのルートの文量をコンパクトにしてまとめても良かったのではないかと思う。

個人的に最もシリアスな展開を引き延ばしていると感じたのが雛乃ルートで、雛乃は可愛く思えたのにその点で少し冗長さを感じてしまい勿体無かった。逆に紗耶香ルートは全体を通してシリアス成分が控えめで、内容も紗耶香の可愛さを押し出したものであったのでプレイしていて満足できた。
アイナルートはシリアスな展開を早い段階から意識させつつも、思いのほかそれがあっさり終わってしまい拍子抜けという印象。このかルートは序盤の進みに少し遅さを感じたりもしたけど中盤以降は良かったし、何よりこのかが可愛かったしエロかったので概ね満足。

根底から覆すことを言ってしまえば、開発局の陰謀とかシリアス成分を全くの無しにして、ただ☆☆☆部の活動を通してヒロインとのイチャラブを楽しむという方向性を取っても自分は構わなかった。

またクロシェットが描くヒロイン像はこれでもかと萌え属性を添付させ、時にはあざとさすら感じさせるものであるが、今作では特にそれが顕著だったように思う。これが個人的にはちょっときつかった。会話のテンションが高いので長時間眺めていると疲れるのだ。また物語序盤から主人公に対するヒロインの態度が押せ押せすぎる。もう少しヒロインに純朴さというか互いが好きになるまでの過程を楽しみたかったというのが正直なところ。(でもこの辺は体験版の時点である程度予想していたのでそこまで気にしてはいない。)
そのため今作はどちらかと言うとあまりあざとさが感じられないサブキャラクターのほうが魅力的に映ったのだが…。
あとは会話の中で多用されていたパロネタもあまり受けはよろしくなかった。

ここまで酷評気味に述べてきたが勿論良い点も沢山ある。
グラフィックの美しさは最上級だし、一つの台詞で何度もキャラクターの表情が変わるのは見ていて飽きない。Hシーンも前作と同様に量も豊富で質も申し分無い。巨乳好きにとってはヒロインのおっぱいの大きさも良いですね。(ただ紗耶香の場合はちょっと大きすぎたような気もしますが。)

そして何より妹のこのかが可愛過ぎます!このかだけに、このかわいい妹。
pricolle2
pricolle3
pricolle4
こんな妹がいたら僕はもう…!!

グラフィックとHシーンに関しては文句のつけようがないので、僕が今後クロシェットに望むことは、ヒロインの可愛さを殺さないバランスの取れた展開・魅せ方とプレイヤー(主人公)に媚び過ぎない……つまりはあざとさをそこまで感じさせないヒロインを攻略可能にして欲しいということですかね。
あとは巨乳推しなのは全然良いんだけど貧乳ヒロインも一人くらい欲しいなぁ…。
巨乳キャラは貧乳キャラがいてこそ映える。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。