トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

おく

Author:おく
◆このブログについて
当ブログは18禁の要素を多く含みます。その為18歳未満の方は閲覧しないようお願い致します。

◆自己紹介
初心者だけど重度のエロゲーマー。プレイ本数が増えてきたけどまだまだ新参者のつもり。当面の目標は積みゲを全て崩し終えること。
プレミアリーグ所属のフットボールクラブ:アーセナル(Arsenal)を応援しています。サポーター歴は9年ほど。

◆エロゲー批評空間
oku_bswa

◆Twitter
@oku_bswa

◆ゲームメーター
おく

◆メールフォーム
何かありましたらこちらまでお知らせ下さい。(注意、感想、削除依頼等、お気軽にお寄せ下さい。)

Twitter

最新記事

最新コメント

カテゴリ

応援バナー2

【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! ま~まれぇど新作第10弾『プライマルハーツ2』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「向日葵の教会と長い夏休み」感想

himanatsu
タイトル:「向日葵の教会と長い夏休み
ブランド:
評価:B-(S~E)
関連:批評空間投稿レビュー(ネタバレ有り)


◆前書き
さっきの更新は無かったことにして下さい。
従来の枕(ケロQ)らしさを踏襲しつつも、新規に起用した実力のあるライターさんの力で、物語に更なる幅を持たせた作品だと思います。すかぢ先生がTwitterで作品の出来に自信があると仰っていましたが、その通りのクオリティでした。特に今人気の紺野アスタ先生が担当した雛桜ルートの完成度はかなり高いです。
ただ複数ライターのためかルートごとの差が結構あり、また公式で謳われているように本作は”雰囲気ゲー”なのですが、個人的に細かい所に引っ掛かってその雰囲気に浸りきれなかったりしたので、良作以上の評価にはなりませんでした。


◆システム・演出
himanatsu2
こんな感じ。

ボイスの音量は個別で設定できないけど特に気になりませんでした。スキップの遅さも感じず。僕は基本的に最低限のシステムが揃っていれば不満は無いので、このくらいすっきりしていたほうがかえって助かります。紫作品とか細かく設定でき過ぎて逆に戸惑ってしまいます。

演出は目立つものは無かったけど細かい所までしっかり手が入っている印象を持ちました。表情差分は豊富で台詞ごとによく変わるしどれも可愛い。後ろ向きの立ち絵もあったりと変化を付ける差分も用意されている。
個人的にこの表情が可愛いのでお気に入り。
himanatsu3
himanatsu4
><な表情も良いけどお目々がぐるぐるしてるのも可愛いです。


◆音楽・グラフィック
音楽は『素晴らしき日々 ~不連続存在~』でお馴染みの松本文紀(szak)先生が担当しているので文句を付けようがないです。今回もピアノの旋律が非常に心地良く響きます。上手い表現が思い浮かばないんですけど、作中の雰囲気とBGMとの調和がほぼ完璧に取れているんですよね。一枚絵を使用した印象的な場面とBGMとのハマり具合が半端ないです。雰囲気ゲーとのことですが、良質なBGMが作品の雰囲気形成にもかなり貢献しています。
個人的に特に好きなBGMは「守りたいもの」「希望の前で待ち合わせ」の二つ。

グラフィックに関して。
サブを含めて総勢6名が原画を担当しているので、どうしても全体の統一感というのは薄いです。勿論どのキャラクターも可愛いのですが、個人的な願望としては詠を担当した狗神煌先生をメインにしてもっと多くのキャラクターを描いて欲しかったのが正直なところです。
himanatsu5
みんなが映っている立ち絵の一例。

あとは若干違和感を感じなくもない立ち絵も有りましたが、全体として見ればグラフィックの質は流石と言って良いものでした。統一感の薄さと一つ一つの質は全くの別問題ですし。繰り返しになりますが一枚絵の背景とキャラクターとBGMの調和が凄い取れてるんですよね…、ネタバレになるので画像は貼りませんが。


◆Hシーン
シーン数は全部で18枠。
内訳は詠5枠、雛桜4枠、ルカ5枠、金剛石4枠となっています。
シチュエーションはキャラによって少し違いがあります。尺はどれもそれなり。
枠が多い詠とルカは良かったですね…特に詠は狗神煌先生が担当ですし。

本作は複数ライター制ですが、Hシーンのテキストにライターの特徴が強く現れているのでそこがなんだか面白かったです。雛桜の初々しいやり取り、詠のお尻を使ったちょっと変わったやり取り(アナルセックスはないけど)、ルカの三点リーダーの多用と変態チックな喘ぎ声と、恐らく分かる人ならHシーンを見ただけですぐ分かると思います。

雛桜ルカのシーンで少し比較でも。一応Hシーンのテキストなので気にならない人のみご覧下さい。
見れば分かると思いますが全然違いますよね…、ここでは特に差が分かる台詞を抜き出してみましたが、Hシーンはライターの特徴が出るなと改めて感じました。
僕はHシーンのテキストまでは統一性は求めないので、この違いも複数ライター制の一つの楽しみだなとプレイして思っていましたが、人によってはこのテキストの温度差に違和感を感じるかもしれません。


◆キャラクター
主人公との繋がりの強さがそのままヒロインの魅力に直結していると感じました。次の項目で詳しく述べますが、本作は個別ルートのクオリティに少し差があるので、出来が良いルートのヒロインは可愛く、逆にあっさり終わってしまったヒロインは印象に残りにくくなっていると思います。

僕が一番好きなヒロインはやっぱり夏咲詠ですかね。狗神煌絵と夏野こおりさんの声のハマり具合が凄い良かったです。個別ルートも面白かった。
himanatsu8
himanatsu9
可愛い。イチャラブも良かったですし大満足でした。

もう一人のメインヒロイン、ヒナも庇護欲を掻き立てられました。声優も今人気の雪都さお梨さんということもあり。
himanatsu10
himanatsu11
見ていて凄い癒されました…、僕はロリコンじゃないですけど。
大きいバージョンに関してはネタバレになるので詳しくは触れませんが可愛かったです。何がどうなって成長したのかは是非プレイして確かめて見て下さい。

他はルカはちょっと変態的な発言とかわしまりのさんの演技ががっちりハマっていて可愛くもあり面白かったですし、月子はサブキャラクターですが本当に良い性格してます。重要な話にもバンバン絡んでくるし、是非攻略したかったというのが正直なところ。金剛石に関しては……ごめんなさい特徴的な名前以外には特に思うところはないです。個別ルートも一番あっさり終わってしまいました。


◆シナリオ
本作は攻略順が物凄く大事です。固定にしても良いくらいでした。
プロデューサーを担当したすかぢ先生が以前次のようなことを仰っていました。

この発言の通り、金剛石→ルカ→詠→雛桜の順で攻略することを強くオススメします。この順番が間違いなく一番楽しめます。

詠ルートは金剛石、ルカルートでの謎や伏線が明らかになり、雛桜ルートはそれ単体で一つの完成された物語になっています。詠、金剛石、ルカと雛桜ルートは少し話のジャンルが違っていて、一つの作品にこうした話の幅を出せるのは複数ライター制の強みなのかなと思いました。反面、個別ルートのクオリティの差や整合性の取り方などの問題もありますが。
前3人は従来の枕(ケロQ)寄りの物語で、雛桜はシナリオを担当した紺野アスタ先生の腕が光る物語になっています。

公式で謳われているように本作は”雰囲気ゲー”なので、その雰囲気に浸れるかどうかが評価の大きな分かれ目になるかと思います。細かい粗や疑問点は幾つかありますが、それを雰囲気の良さに免じて流すことが出来るかどうか、残念ながら自分は少し引っ掛かってしまった箇所があったのですが…。

それはともかく詠、雛桜ルートの完成度は高く、舞台である向日葵の教会を軸に、本来は対立する二つのジャンルの物語を違和感なく一つの世界に盛り込むことに成功していると言えます。この物語の幅は個人的にポイントが高くて、複数ライター制ならではの良さであり魅力だと感じました。


◆総評
良い雰囲気ゲーだったのではないでしょうか。キャラクターが繰り広げるほのぼのとした日常を楽しむことができれば、大満足の作品になるかと思います。グラフィック、音楽も一級品。シナリオも後半二人は完成度が高い。

あとは各シナリオライターがどのルートを担当したのか少し予想してみました。
共通・詠ルート:J・さいろー先生
金剛石・ルカルート:藤倉絢一先生(ルカルートはすかぢ先生も少し)
雛桜ルート:紺野アスタ先生

共通、詠、雛桜ルートは自信あります。残りは単純に消去法で…。
EDクレジットには黒田カイエ先生の名前がありますが、公式ページにはないしその人の他の作品にも触れたことがないのでスルーしました。(ごめんなさい。)

今作をプレイしていて、紺野アスタシナリオ(テキスト)に関して個人的に少し思うところがあったので、機会があればそのうち雑記にして纏めるかもしれません。『この大空に、翼をひろげて』での話も混じえつつ。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。