トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

おく

Author:おく
◆このブログについて
当ブログは18禁の要素を多く含みます。その為18歳未満の方は閲覧しないようお願い致します。

◆自己紹介
初心者だけど重度のエロゲーマー。プレイ本数が増えてきたけどまだまだ新参者のつもり。当面の目標は積みゲを全て崩し終えること。
プレミアリーグ所属のフットボールクラブ:アーセナル(Arsenal)を応援しています。サポーター歴は9年ほど。

◆エロゲー批評空間
oku_bswa

◆Twitter
@oku_bswa

◆ゲームメーター
おく

◆メールフォーム
何かありましたらこちらまでお知らせ下さい。(注意、感想、削除依頼等、お気軽にお寄せ下さい。)

Twitter

最新記事

最新コメント

カテゴリ

応援バナー2

【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! ま~まれぇど新作第10弾『プライマルハーツ2』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」買いました

tasaki

『1Q84』以来、約3年ぶりとなる村上春樹氏の長編小説。個人的にはもう3年経ったのかと驚きを隠せません。既に購入して読んだ人もいるのではないでしょうか。週末買って一気に読む予定でしたが忘れてたのと面倒だったのが重なり結局今日の帰りに買って来ました。やはり売れてるみたいで、書店を二件ほど回りました。

氏の作品は『ノルウェイの森』『海辺のカフカ』を始め何冊か読んでいますが、文章が非常に美しいというのが第一の印象にあります。特に最近の作品ではそれが顕著かなと。文章量は多いけどそれがすっと頭に入ってくるというか。
また作品の根底にあるのが「孤独」で、それに対する氏の価値観がどの作品からも窺い知ることができます。そこで語られる「孤独」に読み手が共感出来るかどうかで受ける印象もガラリと変わってくるのではないかと。なので合わない人にとっては本当に合わないと思います。
そろそろ違うモチーフの作品を読みたい気持ちもなくはないですが…、個人的にはこのままで良いかなと思ってます。

何か読む前から色々と語ってしまいましたが…。これからじっくりと読んでいきます。一周だけだと完全に理解出来ないと思うのでもしかしたら二~三周するかも。ハードカバーなので外で読み進められないのが難点ですね…、基本部屋ではエロゲをやりたくなるのでどうしても読むペースが遅くなってしまいます。

面倒臭がらずに週末買って読むべきだったかなぁ…と少しだけ後悔したところで今回はおしまい。それではまた。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。