トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

おく

Author:おく
◆このブログについて
当ブログは18禁の要素を多く含みます。その為18歳未満の方は閲覧しないようお願い致します。

◆自己紹介
初心者だけど重度のエロゲーマー。プレイ本数が増えてきたけどまだまだ新参者のつもり。当面の目標は積みゲを全て崩し終えること。
プレミアリーグ所属のフットボールクラブ:アーセナル(Arsenal)を応援しています。サポーター歴は9年ほど。

◆エロゲー批評空間
oku_bswa

◆Twitter
@oku_bswa

◆ゲームメーター
おく

◆メールフォーム
何かありましたらこちらまでお知らせ下さい。(注意、感想、削除依頼等、お気軽にお寄せ下さい。)

Twitter

最新記事

最新コメント

カテゴリ

応援バナー2

超昂天使エスカレイヤー・リブート 『星織ユメミライ』応援中! 【ヤキモチストリーム】応援中! 『蒼の彼方のフォーリズム』 応援バナー spr002_bn05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1-」感想

csg
タイトル:「ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1-
ブランド:inre
評価:A-(S~E)
関連:批評空間投稿レビュー(ネタバレ有り)
「ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1-」体験版感想(2013年3月17日)


◆前書き
『忠臣蔵』の面白さを存分に味わえる、歴史エンターテイメントとして非常に質の高い作品になっていると思います。ラストの展開は賛否両論の意見が出るかと思います(自分はどちらかと言うと否の立場です)が、これまでの展開を振り返るにライターはこの終わりを描きたかったんだなとも感じたので、ある程度の理解はしています。詳しくは批評空間の方に書いたので興味がある方はそちらをご覧下さい。

残念ながら発売前の個人的な期待値に応えた作品にはなりませんでしたが、ラストに少し納得が行かなかっただけでそれまでは本当に面白かったですし、間違いなく今年度トップレベルの作品になると思います。演出も高水準、キャストも超豪華とシナリオ以外にも見るべき点が多々あり、「大作」と呼ぶに相応しい作品でした。
それでは各要素に分けて軽く振り返っていきます。


◆システム・演出
これに関しては体験版レビューで詳しく触れたので今回は短めに。
システム面での不満は特に無し。バックログを開閉しても音声が途切れなかったら更に良かったなくらい。シナリオの構成上スキップを使う場面は無し。

演出面は豊富な立ち絵・表情差分を駆使した「瞬間」の描き方が素晴らしいです。
csg2
こんな感じにバリエーションに富んだ、様々な立ち絵が用意されています。
クリックするたびに表情が変わったり動きに変化があるので見ていて飽きなかったです。全キャラ合わせた差分の総数ってどのくらいあるんだろう…。

csg3
csg4
戦闘シーンでは上の画像のように、斬りつける瞬間を強調したり、カットインを多用することで臨場感を演出しています。
特に最終戦闘の演出はやばいですよ…。アニメーション技術を用いない、立ち絵を駆使した演出技法では最高レベルの水準にあると断言出来ます。

本当はここでも紹介したいんですがネタバレになるので代わりに別の場面の画像を使って説明します。
csg5
主税と安兵衛が向い合って対峙する場面。ここでは両者を第三者の視点で描写することで、互いの距離感や空間の広がりを表現しています。
最終戦闘では第三者視点でのカメラワークとそれを駆使したキャラクターの動きの演出レベルがこれまでの戦闘シーンとは段違いなので、是非そこに注目して欲しいです。まあ実際にプレイして見れば一目瞭然だと思います。

余談ですが本作の演出は殆ど二人で手掛けているんですよね。
csg6
スタッフロールで確認できます。同人版からずっと感じていたことですが、このレベルの演出を僅か二人で可能にしているのは驚異的と言って良いと思います。


◆音楽・グラフィック
BGMは同人版から同じなのでどれも馴染み深いものばかりです。特典で「仇華」「終わりの始まり」をフルで聞けるようになったのも嬉しい。グランドエンディングテーマである「蒼穹」はこれまでの物語を総括した歌詞になっているので、聞いていると感慨深いものがあります。

ただ一つ残念だったのは
csg7
こんな感じでBGMの表記が数字になっていたこと。聞き慣れたBGMばかりなのでやはりちゃんとしたタイトルを知りたかったです。

グラフィックは塗りが大分良くなったなという印象。特に仇華・宿怨編ラストの清水一学の一枚絵は迫力満点。差分も相当多いですし原画を担当したぬい先生の苦労が偲ばれます。立ち絵のクオリティに比べると一枚絵、特にHシーンの構図に少し甘さがあるような気がしたので、そこが改善されれば更に良くなると思います。


◆Hシーン
シーン数は全11枠。
内訳は大石内蔵助2枠、堀部安兵衛3枠、大石主税2枠、矢頭右衛門七2枠、山吉新八郎1枠、清水一学1枠。
シナリオ重視の弊害故かHシーンの質はそこまで高くありません。あくまで必要最低限の尺・回数で、テキストに関してもやや拙い印象を抱きました。まあそこに期待してプレイした訳じゃないのであまり気にしてないんですけどね。
内蔵助のシーンは体験版部分にしかないのでそこを不満に思う人も居るのかな?

Hシーンとは別に、各章の討ち入りや重要な戦闘シーンも回想で見ることができます。こういうユーザー目線に立った細かい配慮って助かりますし好印象です。
全く関係ないですけど『装甲悪鬼村正』にも欲しい機能です。あれセーブデータ消えちゃったので戦闘シーンを振り返りたくても出来ないんですよね。飛ばそうにもスキップも遅いし…。


◆キャラクター
登場人物の多さに負けないくらいどのキャラクターも個性的で魅力的です。キャラクターの引き出し、描き分けのスキルは相当高いと思います。待望のフルボイス化で、キャラクターにより愛着が湧きました。この辺りは声優様の熱演、迫真の演技が光りますね。

好きなヒロインは堀部安兵衛です。武士として強くあろうとする高潔さとデレた時のギャップにやられました。江戸急進派編の大きな見所の一つです。
csg8
可愛い。また終盤の演技は鳥肌が止まりませんでした。桐谷華さん凄い。

ヒロイン以外だと新八、お初、小夜辺りがお気に入り。ビジュアルの強さもありますがサービスショットの多いキャラがそのまま人気に繋がるような気がします。
魅力的なキャラクターが本当に多いので是非人気投票とか開催して欲しいですね。

csg11
csg12
csg13
新八の見せ場は百花魁編。「わっち」って言い方が本当可愛いです。><
気になる追加選択肢の結末は是非自分の目で確かめましょう。

csg14
csg15
csg16
お初の見せ場は仇華・宿怨編。ビジュアルも強いですが雪都さおりさんの演技の破壊力がヤバイです。表情差分もどれも可愛い。ぴゅーっ!(意味深)

csg9
csg10
csg17
小夜の見せ場は刃・忠勇義烈編。可愛いおませさん。ラスト含めかなりおいしい役を担っています。


◆シナリオ
『忠臣蔵』という歴史上の事実を丁寧に扱いながらも、仇討ちの過程で脱盟・死亡した者などに対して独自のアレンジを施しており、そこから高いドラマ性を生み出しています。テキストも軽妙で読みやすく、ぐいぐい引き込まれます。
最後の展開は賛否両論あるかもしれませんが、既存の『忠臣蔵』に留まらない、新しい『ChuSingura』(忠臣蔵)ではありました。
なんか曖昧な言い方ばかりですいません…。気になる人は是非プレイして自分の目で最後まで見届けて下さい。

『忠臣蔵』を知っている人も知らない人も楽しめるように配慮されているので、歴史物だからといって敬遠せず手に取って欲しいですね。シナリオを担当した葉山こよーて先生は本当に『忠臣蔵』が好きなんだなとプレイして思いました。


◆総評
同人サークル「れいんどっぐ」の商業デビュー作でしたが、同人時代の実績そのままに更なるクオリティアップに成功した作品だと思います。同人上がりということで本ブログでも何かと取り上げてきた作品でしたが、多くの人にお勧め出来る作品になっていると思います。
埋もれて欲しくない思いが強いので、このレビューを読んで少しでも本作に興味を持つ人が増えれば良いなぁ…。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

応援バナー

Cabbit 第三弾!
              「箱庭のロジック」応援中! 「箱庭のロジック」 Cabbit 2014年発売予定のNavel新作『月に寄りそう乙女の作法2』を応援しています! 「月に寄りそう乙女の作法2」 Navel インレ『ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1-武士の鼓動』 「ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1-武士の鼓動」 インレ ま~まれぇど新作第9弾『プライマルハーツ』 「プライマルハーツ」 ま~まれぇど アストラエアの白き永遠 応援中!! 「アストラエアの白き永遠」 FAVORITE ALcot『サツコイ~悠久なる恋の歌~』応援中! 「サツコイ~悠久なる恋の歌~」 ALcotハニカム

お気に入り作品

WHITE ALBUM2 -closing phantom WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf EXTRAVAGANZA eu09 MYTH 何処へ行くの、あの日 Forest エーデルヴァイス 最果てのイマ

検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。