トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

おく

Author:おく
◆このブログについて
当ブログは18禁の要素を多く含みます。その為18歳未満の方は閲覧しないようお願い致します。

◆自己紹介
初心者だけど重度のエロゲーマー。プレイ本数が増えてきたけどまだまだ新参者のつもり。当面の目標は積みゲを全て崩し終えること。
プレミアリーグ所属のフットボールクラブ:アーセナル(Arsenal)を応援しています。サポーター歴は9年ほど。

◆エロゲー批評空間
oku_bswa

◆Twitter
@oku_bswa

◆ゲームメーター
おく

◆メールフォーム
何かありましたらこちらまでお知らせ下さい。(注意、感想、削除依頼等、お気軽にお寄せ下さい。)

Twitter

最新記事

最新コメント

カテゴリ

応援バナー2

【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! 【サクラノ詩】応援中! ま~まれぇど新作第10弾『プライマルハーツ2』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「ナマイキデレーション」体験版感想

shinei
タイトル:「ナマイキデレーション
ブランド:まどそふと
期待度:B(S~E)
発売日:2013/7/26
関連:体験版公開ページ(Holyseal ~聖封~)

◆感想
新規ブランド「まどそふと」のブランド処女作。
濃い目の塗り、おっぱいを強調した絵柄といいクロシェット作品に近いものを感じた人が多いのではないでしょうか。メインの原画を担当するSyroh先生はPCゲーム二本目みたいです。これ程の絵師がまだ埋もれていたとは驚きですね…、少し調べたところニコニコ静止画での活動を主としていた絵師さんのようで。
非常に魅力のある絵(特におっぱい)ですし、作品の内容によってはクロシェットに次ぐ、萌えエロ路線を代表するブランドになるだけのポテンシャルは秘めていると思います。( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!


体験版の内容に関して。冒頭部分のみを収録したものなのでプレイ時間は短め。
大雑把に言うと、ひょんなことから文化祭実行委員に任命された主人公がメンバーを集める為に奔走し、結果集まってさあこれから活動するぞという所で終了。

導入部のみなので物語がこれからどう進んでいくのかは未知数ですが、テキストが軽妙で読んでいて面白く、ヒロインも(妹以外はナマイキという感じはあまりしませんでしたが)個性的で可愛かったので製品版にも期待が持てる内容に仕上がっていました。あとは妹キャラでCV.みるとか最高ですね……罵られたい
公式で明言されているように主人公に対するヒロインの好感度は初めから高めですが、そこまであざとさを感じなかったのが好印象です。ベタベタし過ぎてちょっとキツイなぁというよりも可愛いとか面白いという印象が先にきました。

主人公、先生や男の友人キャラなどサブキャラクターも好感が持てる良い性格してますし、ユーザーがストレスに感じる部分が少ない作品になりそうな感じ。
展開自体は捻りのない王道的な学園物に落ち着きそうですが、個人的には本作の強みである魅力的なおっぱいと個性的なヒロインとのイチャラブを存分に堪能できればそれで良いと思っているので、変にシリアスに頼らないで欲しいです。
シリアスな展開がある=ストーリーに優れているという訳ではないと思うのです。
極論を言ってしまえば、文化祭準備の過程で発生したヒロインとのちょっとした問題を解決して、後は終始イチャイチャしてるだけの物語でも僕は満足です。

あとは体験版でみさきのシーンを2枠公開、他のヒロインに関しても今後雑誌に付属される体験版で公開ということでHシーンの数も期待できそうですね。こういうエロを重視したキャラゲーでHシーンの数が多いのはそれだけで強みですし、それが本作のような魅力的な絵柄であれば尚更です。できれば数だけでなくシチュエーションも豊富であることを期待したいです。


物語の中身に関する話はここまで。
本作で他に特筆すべき点と言えば、一つの台詞で表情がコロコロ変わるので読んでいて飽きない、楽しいということでしょうか。

例えばこの台詞
namadereT
これは特別多い台詞ですが、ボイスが流れ終わるまでに

namadereT2
1回
namadereT3
2回
namadereT4
3回
namadereT5
4回
namadereT6
5回
namadereT7
6回
namadereT8
7回
namadereT9
8回
namadereT10
9回

ご覧のように途中で9回も表情が変化します。僕はボイスを最後まで聞かずに読み進めることが多いですが、こういうのを見ると最後まで聞き入ってしまいます。
ただ、最後まで聞かずに次の文章に進むためには、表情の変化→次のテキストと二回クリックしないといけないのでそこが少し面倒に思ったり。
ともあれこの演出はスクリプトの段階で相当苦労したんじゃないかと思います。

ただ、このような「手の込んだ」作品って勿論長所にもなりますが、肝心の物語の中身が思わしくなかった場合は「こんな所に力を入れる暇があったらもっとシナリオを何とかしろ」みたいな感じで批判の槍玉に挙げられる事が多いので、そこが少し心配ではあります。そして、丁度この失敗をしてしまったのがクロシェットから今年発売された『プリズム◇リコレクション!』だと個人的には考えています。

『プリコレ』の場合はシナリオがやや冗長で、テンポも良くなかったのでそこに批判が集中し、差分の変化など膨大な作業量に裏打ちされた演出面の凄さが正当な評価を得られなかったと思います。あの演出が費用対効果に見合っていたかと聞かれると素直に頷けないですが…、それでももっと評価されて良いはずです。

なので本作『ナマイキデレーション』は『プリコレ』と同じ轍を踏まないようにと言ったらなんですが、「差分の変化は見ていて楽しいし、シナリオもテンポが良くてヒロインとのイチャラブと濃厚なHシーンを存分に堪能できる」こんな風に言われる作品になって欲しいと思います。体験版の段階ではこう言われるだけの作品になるポテンシャルは十分に秘めていました。
本作がそのような評価を得た時には、まどそふとが将来的にクロシェットの地位を脅かすブランドに成長する可能性があると思いますし、個人的には是非そうなって欲しいです。


最後は少し話が逸れましたがこれで体験版の感想はおしまい。
7月はゆずソフトの『天色*アイルノーツ』を初めに魅力的な作品が数多く発売される予定ですが、その中でも欲しいと思わせる内容になっていたと思います。気になっている人は是非体験版をプレイしてみてはどうでしょうか。
応援バナーもぺたり。
【ナマイキデレーション】応援中!
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。